入稿時の注意点


・全般
必ずデータのバックアップを取っておいてください。
出力するデータ以外はフォルダ内に入れないで下さい。
出力サンプル(出力紙、PDF、JPEG等)を必ず添付して下さい。
入稿用のメディアにコピーされたファイルが、正常に開く事をご確認下さい。
   
・Adobe Illustrator
書類は、CMYKモードで作成して下さい。
ドキュメントは出来るだけ出力原寸で作成し、各3ミリずつ塗り足しをつけて下さい。
仕上りぎりぎりに配置されている文字等は断裁で切れてしまう可能性がありますので余裕のあるレイアウトして下さい。
文字のアウトライン化は全てのロックを解除した上で行って下さい。
対応バージョンはCS4までです。バージョンを下げて保存をするとエラーが発生する場合があります。
トンボの外側にある、不要なオブジェクトは全て削除して下さい。
トンボはオブジェクトを使用せず、トリムマークにて作成して下さい。
配置画像は同一階層にまとめ、配置後に画像の名前や階層を変更しないで下さい。
罫線は、必ず線幅を設定し(0ポイントは不可)「塗り」ではなく「線」で指定して下さい。
スミ文字以外のオーバープリントの設定は避けて下さい。
リッチブラックは見当ズレが起こりやすく、細かい文字や細い線に使用しないで下さい。
   
・画像データ
画像は必要最小限の範囲にトリミングして下さい。
画像の解像度は出力サイズによりますが、実寸で、カラー・グレースケール(300〜350dpi)、モノクロ2諧調(800〜1200dpi)程度を推奨します。
文字レイヤーは必ず背景と統合して下さい。
EPS形式で保存する場合は「ハーフトーンスクリーン情報を含む」と「トランスファ関数を含む」のチェックをはずして下さい。
アルファチャンネルがある場合は削除し、必ずレイヤーを統合して下さい。
最終データはCMYKで保存して下さい。
   
・ PDF
塗り足しは必ず3ミリつけて下さい。
文字は全てアウトライン化し、埋め込んで下さい。
 

 

・Office
弊社に無い書体で作成されますと、書体の置き換わりや、体裁が崩れる場合があります。
ページサイズはオブジェクトサイズより、少し大きめに設定して下さい。
対応バージョンは2003〜2007です。
 

 

・印刷
実際の印刷の色は、ディスプレイやプリンタ出力紙の色と異なりますので、ご了承下さい。
複雑なパスやフィルタを多用している場合、正常に印刷されないことがあります。
CYMKの総パーセントは、330%以内にして下さい。
   

 

 
 
 
Copyright YELL Co,.LTD. All Right Reserved.